封筒のレイアウト時に忘れがちなスペース

招待状の洋型封筒をレイアウトするときに忘れがちなスペースがある。 1.裏面の差出人住所、名前を入れるときは、封かんシールを貼るスペースを空けておくこと。 2.宛名面も同様に、切手を貼るスペースを忘れずに。  封筒を横に使う場合は右上、縦に使う場合は左上が切手を...

事前に印刷可能サイズを確認

席次表の用紙サイズを選ぶときは注意が必要。 一般的な家庭用のインクジェットプリンタは、A4サイズまでしか印刷できないものが多い。 A4サイズプリンタではB4サイズやA3サイズは印刷できない。 事前にご利用の機種で、印刷可能な用紙サイズを確認してから紙を購入すること。 ...

表紙は2ファイルに分けない

例えば二つ折り招待状の表紙データを作るときに、表紙と裏表紙を別々のファイルで作らず、同一のファイル上に並べてレイアウトすること。 二つのデータを、プリンタの印刷設定で1ページにまとめて印刷することもできるが、縮小されたり位置がズレたりと、希望する印刷結果にならないことが多い。...

紙の厚さの選び方

紙図鑑オンラインショップで販売している紙の厚さは、大きく分けて厚い方から「厚(超厚)」、「中」、「薄」と3種類ある。 外紙(表紙)には、しっかりした厚みのある 「厚(超厚)」表記のものがオススメ。 中紙(本文)には「中」か「薄」がオススメ。 「薄」の場合は両面印刷すると...

プリンタに最適な紙図鑑の紙

紙図鑑の紙のうち、インクジェットプリンタで最もキレイに印刷できる紙は、その名の通り「インクジェット専用紙」だ。 表面に特殊加工がしてあるので、インクの発色がとても優れていて、乾きも早い。発色も非常に良いが、 赤色が強く発色する傾向にある。 レーザープリンタでは機械を痛める恐れ...

イラストレーターからPDFファイルに保存するときの注意

Adobeイラストレーターのドキュメントサイズの設定画面で、「断ち落とし」の数値が初期段階ではすべて3mmになっている。 そのままPDFファイル形式で保存すると、出来上がったPDFファイルの用紙サイズがドキュメントサイズより、各辺「断ち落とし」の寸法の3mmずつ大きく作成され、...

用紙サイズの幅と高さの入力順

印刷データの用紙設定で、 用紙の「幅」と「高さ」を入力するときは、紙の向きにかかわらず、必ず「幅」には短辺の寸法を、「高さ」には長辺の寸法を入力すること。 その後、「用紙の向き」の設定で、縦向きに使うか横向きに使うかを決める。 同様に、プリンタの用紙サイズ設定のときも、「...

最初に用紙サイズの設定から

印刷データを作成するときは、まず一番最初に用紙サイズ設定をすること。 実際に印刷する用紙サイズと同じサイズで印刷データを作成する。 正しい用紙サイズ設定をしていないと、印刷も希望通りの結果にならない。 紙図鑑の招待状外紙(表紙)用「A5ワイド」サイズなど、選択肢にはないサ...

黒い部分が多いデータ印刷時の注意

黒く太い文字、黒い部分の多いイラストなど、黒が多いデザインを印刷する時は注意が必要。 黒い部分が大きいとインクが乾くのに時間がかかるので、印刷直後はすぐに触れないように。 また、印刷が終わったものはできるだけ重ねないようにして乾かすこと。 両面印刷する場合は、一晩完全に乾...

パール光沢の紙を印刷するときの注意

「キュリアスIR/アイボリー」や「キュリアスIR/パール」、「キュリアスメタル」全色など、パール光沢の紙はインクが乾くのに時間がかかるので、印刷後、すぐに触れるとにじんだりするこすれたりすることがある。 両面印刷する場合は、1日おいてから裏面を印刷すること。 また、これらの...

データ作成はワードなど文書作成・編集ソフトで

印刷データを作るときは、ワード(マイクロソフトオフィス)やイラストレーターなど、正確な位置に文字や画像を配置できる、文書の編集・レイアウト専用ソフトウェアを使用すること。 エクセルやパワーポイントなどは正確な用紙サイズ設定や正確な配置が難しいのでオススメしない。 画像ファイ...

プリンタの「フチなし」印刷機能について

インクジェットプリンタによっては、A4サイズなど規格サイズに限り、「フチなし」全面印刷機能を持つ機種もある。 その機能を使うと、紙の周囲に余白ができず、紙の端まで印刷できるが、いくつか注意点がある。 利用できる用紙サイズが限られます。「A4ワイド」、「A5ワイド」サイズな...

プリンタの印刷可能範囲

一般的な家庭用インクジェットプリンタには、上下左右とも紙の端から5-6mm程度は印刷できない範囲がある。 紙の端ギリギリまで画像や文字があっても、その範囲にあるものは欠けてしまい印刷されない。 また欠けるだけでなく、 インク汚れがつく原因にもなるので、周囲5mm程度は空けてお...

印刷すると角が汚れるときの対策

クラフト系の紙以外でも、印刷物の角がインクで汚れてしまうときは、 印刷面の裏方向に四隅を軽く曲げてから印刷すると汚れにくくなる。 特に“アラベール”や“プリンタ専用紙”で紙厚が「薄」のもの は、後トレイから印刷するプリンタの場合は紙の自重でしなってしまい、紙の角が汚れてしまう...