紙図鑑の折り筋入れ加工について

紙図鑑の紙は、基本的には折り目も印刷もありませんが、有料オプションで折り筋を入れることもできます。

ただし、折り筋入れ加工を選択できるのは、「中」以上の厚さの紙に限られます。「薄」のものは、加工するときに紙が歪んでしまうおそれがあるので、加工できません。

折り筋の部分は少し膨らんでいます。古いプリンタや使用頻度の高いプリンタの場合は、プリンタ内部が汚れていて、印刷時に折り筋が内部にこすれて汚れがつくことがありますのでご注意ください。
また、折り筋をまたいで印刷するようなデザインの場合も、こすれたりムラになったりするおそれがあります。
紙図鑑の資料に入っている招待状作成例の表紙が、実際に折り筋入れ加工したものなので、加工サンプルを見たい方は資料をご請求ください。

紙の厚さが「超厚」までいくと少し折りにくくなりますが、それ以下であれば折り筋加工がなくとも十分、手でも折れる厚さなので使用用途などから加工を選択してください。

なお、紙図鑑の折り筋は、凹んでいる方を谷折りにします。


紙図鑑オンラインショップページ








0 件のコメント :

コメントを投稿